転がしの成功率はどれぐらいなのか?

転がしというのは、あるレースに賭けて的中した時、勝った配当金を別のレースに丸ごと賭ける方法である。
仮に軍資金1000円からスタートしたとして、3倍を3回連続で当てれば、配当金は27000円になる。実に27倍。
転がしに成功すればするほど、乗算ゲームでお金は膨らんでいく。

さて、この転がしというのはどれぐらい成功率があるのだろうか。

三回連続三倍を成功させるのを例に考えてみる。
オッズ3倍の馬券は凡そ25%の的中率となっているので、それを元に計算するとどうなるか。

25/100×25/100×25/100、答えは0.0156となる。パーセンテージにすれば、1.5%だ。
一回なら25%なのに、三回連続になった途端に、1.5%まで確率は下がるのだ。
非常に低いというのが分かるだろう。わずか1.5%である。
200回挑戦して3回しか成功しないのだ。
200万円賭けて、81万円得られる計算になる。

一方で、転がし3回分に匹敵する、27倍の馬券を一点買いで狙った場合の成功率はどうなるのだろうか。
統計によると、3%となる。つまり、転がしを狙うよりも1発狙いのほうが確率的には倍も高いという結果になる。

転がしは上記の確率だけではなく、JRAの手数料もデメリットに関わってくる。

馬券は購入して当たった時点で、費用25%がJRAのものとなっている。
転がしの場合、3回馬券を当てたら3回JRAに手数料を納めていることになり、
よって、一回で27倍を狙うよりも自分の手元に残る配当金が少ない。

何故、転がしを有効な馬券術と感じる人がいるのだろうか。

それは、「1/4の確率を3回繰り返すだけで27倍」という部分が原因だ。
1/4は当たり易い。25%だ。しかし、それをわずか三回連続で繰り返すだけで、一気に1.5%まで低下するというのを理解していないからだ。25%を三回ではない。25%を連続で三回だ。
見過ごしやすい部分であり、心理的にこのトリックに引っかかりやすい。

転がしに興味を持った場合、以上の構造を理解した上で挑むのがいいだろう。

競馬予想で最も重視すべき要素は?

競馬界でも当然、新陳代謝は起こる。新しい騎手が登場し、新しい馬が登場する。

そんな競馬の世界において、唯一変わらないのがオッズだ。一番人気の馬は時代によって変わるが、
一番人気が勝利する確率は、昔から変わらず30%を維持している。
普遍要素であるオッズを予想の軸に据えるのが如何に重要なのかが理解出来るだろう。

以下に紹介する競馬予想Xは、このオッズを重視しており、馬連平均的中率71%と無料の買い目情報を提供している予想サイトとして優秀な内容だ。

当サイトでは広告依頼が来ても掲載を拒否している。この競馬予想Xからは依頼はないが、紹介するべきものと判断した。

競馬予想エックス

Copyright © 確率論からの競馬必勝法. All Rights Reserved.