マーチンゲール法を競馬に適用させるには?

ギャンブルの世界には、マーチンゲール法と呼ばれるものがある。この言葉そのものは知らなくても、内容は知っている人も多いだろう。
マーチンゲールの法則は、2倍以上の配当だと的中した時点で確実にプラスになるのが特徴だ。

まず1レース目の投資金額を100円とする。負けた場合、次の2レース目では倍の200円を賭ける。ここで勝てば1レース目の負けも取り戻せる。もし負けた場合、また次の3レース目に倍にして400円賭ける。
当然いつかは当たる。当たるまでやる。

マーチンゲール法はギャンブルにおける必勝法である。
しかし、ルーレットやブラックジャック等、勝敗の確率が50%で、的中時の配当が200%のものでないと有効に働かない法則でもある。

競馬の場合、まず勝率からして50%ではない。
50%の勝負なら10回連続で負ける可能性は0.1%である。10回以内に、99.9%の確率で勝てる計算になる。
しかし、競馬は勝率50%ではない。14頭をもしランダムで選んだ場合、7%である。

それに、資金の問題もあるだろう。倍を繰り返していくと、2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍、128倍と、加速度的に必要な資金が増えていく。100円スタートで負け続け、11レース目にまで雪崩れ込んだ場合、必要な資金は102400円である。

後半で資金を大量に投じると、競馬の場合、オッズに変動が生まれる。人気がある馬という扱いになり、勝った時のリターンも減ってしまうのだ。このオッズの存在こそが競馬をマーチンゲール法に落とし込めない理由として強い。

マーチンゲール法はギャンブルでは基本的な知識として押さえておきたいが、競馬には応用が難しいというのが理解出来たと思う。しかし、この考え方こそ全てのギャンブルの基本となるので、常に競馬への適応の可能性を考え続けるのも必要だ。

競馬予想で最も重視すべき要素は?

競馬界でも当然、新陳代謝は起こる。新しい騎手が登場し、新しい馬が登場する。

そんな競馬の世界において、唯一変わらないのがオッズだ。一番人気の馬は時代によって変わるが、
一番人気が勝利する確率は、昔から変わらず30%を維持している。
普遍要素であるオッズを予想の軸に据えるのが如何に重要なのかが理解出来るだろう。

以下に紹介する競馬予想Xは、このオッズを重視しており、馬連平均的中率71%と無料の買い目情報を提供している予想サイトとして優秀な内容だ。

当サイトでは広告依頼が来ても掲載を拒否している。この競馬予想Xからは依頼はないが、紹介するべきものと判断した。

競馬予想X

Copyright © 確率論からの競馬必勝法. All Rights Reserved.