競馬が大数の法則に支配されない理由

大数の法則という言葉をご存知だろうか。

確率・統計学の定理の一つで、「ある試行において事象が起きる確率(数学的確率、理論的確率などともいう)がpであり、その試行は、繰り返し行ったとしてもある回の試行が他の回の試行に影響を及ぼすことがない(独立試行)ものとする。このような前提条件の下で、その事象が起きる比率が試行回数を増やすにつれて近づく値(統計的確率あるいは経験的確率)はpである。」となっている。

分かりにくいので、具体例を出そう。

コインを投げた場合、最初のうちは表が連続して出たり偏りが発生するかも知れない。しかし、それを100回1000回と繰り返していけば、出る面は表と裏で50%ずつになる。これが大数の法則だ。

これを競馬に当てはめるなら、14頭レースでどの馬が1位になるのかを予想した場合、当たる確率は1/14。どんな人が予想しても、数をこなせば最終的には1/14に落ち着く。そう考えがちだ。

しかし、競馬では1/14に陥らないのが現実だ。
もし機械がランダムに14頭から1頭を選んだのなら、その法則の支配下に収まるだろう。ハルウララだろうと1/14で選ばれる。

だが、競馬に精通している人が選んだ場合、1/14よりも遥かに高い的中確率を維持できるのが競馬だ。いや、実は競馬に精通しているプロに限らない。オッズで一番人気の馬だけでも、3・4回に1回は1位になっているデータがある。

競馬が大数の法則に支配されるには、出場馬の質が均一化し、オッズも全て同じ、それこそコインを投げるかのように賭ける対象を決めなきゃならない状況にでもなる必要がある。しかし、均質化されていないのが競馬だ。強い馬もいれば弱い馬もいる。

確率・統計学は予想・分析に必要なファクターではあるが、大数の法則に関しては競馬には適用されないのが実情だろう。

競馬予想で最も重視すべき要素は?

競馬界でも当然、新陳代謝は起こる。新しい騎手が登場し、新しい馬が登場する。

そんな競馬の世界において、唯一変わらないのがオッズだ。一番人気の馬は時代によって変わるが、
一番人気が勝利する確率は、昔から変わらず30%を維持している。
普遍要素であるオッズを予想の軸に据えるのが如何に重要なのかが理解出来るだろう。

以下に紹介する競馬予想Xは、このオッズを重視しており、馬連平均的中率71%と無料の買い目情報を提供している予想サイトとして優秀な内容だ。

当サイトでは広告依頼が来ても掲載を拒否している。この競馬予想Xからは依頼はないが、紹介するべきものと判断した。

競馬予想エックス

Copyright © 確率論からの競馬必勝法. All Rights Reserved.